電話代行をサービスするならプランをチェックするべき

男の人と女の人

社内に設置する電話交換機

男女

ビジネスフォンと比較すると、PBXは初期コストは高めになるものの、接続できる電話の台数や回線の種類が多く、大規模なシステムを構築しやすいのが特徴で、障害時にもシステムダウンしにくいというメリットがあります。

導入するメリットとは

女の人

SFAは、営業活動に関する情報を一元管理して共有することで営業の効率アップを目的にした製品です。費用は、SFAのタイプによって異なります。クラウド型であれば月額費用のみですが、オンプレミス型であれば数十万〜数百万が相場です。情報共有したい内容や削減したいコストなど具体的な目標を持つことが大切です。

大事な電話を逃さないよう

通話

安心できる業者選びを

現在ではスマートフォンやパソコンを使って、簡単に電話代行サービスを検索することができます。しかし、実際に利用するに際に、どこが良いか迷ってしまうという人も多いでしょう。そのようなことにならないためにも、選ぶためのポイントを把握しておくと便利です。まずは電話代行サービスの内容が自分が利用したい目的に合っているかどうかです。どのくらいの頻度の電話があるのか、どのような内容の電話があるのか、不在の時にカバーできればよいのかなど、具体的にイメージをしてください。料金の安さや営業担当に言われるままに契約してしまうと、本来必要なサービスにオプション料金がかかってしまったり、電話の対応が悪いと顧客が離れてしまうといったリスクもあるので注意してください。とはいっても電話代行を依頼する場合、料金プランが気になるのは当然のことでもあります。シンプルなサービスだけを利用する場合は良いのですが、さまざまなことを頼みたい場合はオプション料金が高くなることもあります。はじめから必要なサービスが基本料金に含まれているプランのほうがお得なこともありますので、確認してください。いくつかの電話代行サービスの見積もりを依頼して比較するのも良い方法です。自分の会社の電話代行に自信があるところは、料金やサービスなどの疑問に誠実に対応してくれます。電話の対応というのは顧客の印象に残り、そのままあなたの会社の印象にもなります。気になる電話代行サービスがあれば、まずは自分から問い合わせをして、オペレーターや担当者の対応を確認するのも良いでしょう。

データ収集の自動化

会社員

マーケティングオートメーションはマーケティングの工数を自動化させることによって工数削減を実現させることができるメリットがあります。あくまでもネット上でのデータ収集ができることが条件となりますが、大幅な工数削減になります。