電話代行をサービスするならプランをチェックするべき

男の人

導入するメリットとは

女の人

営業活動の目標を持つ

営業活動に関する情報を一元管理して共有することで、営業の効率アップを支援するのがSFAです。SFAでは、顧客情報や案件の進捗管理、営業の売上目標管理、スケジュール、ワークフローなどさまざまな機能が搭載されています。SFAを導入するメリットは、営業マンの非効率な作業負担を軽減し、効率のいい活動に集中できる点にあります。昨今のSFAはほとんどがモバイル対応しているので、外出先からスマホやタブレットを使用して必要な情報にすぐアクセスでき、日報報告や見積もり作成なども、会社に戻らなくても外出先から行うことができます。従来であれば会社に戻ってから行っていたデスクワーク作業を、外出先の空いた時間に行えることから、時間を有効活用することができます。各営業マン個人に分散されていた情報が一元管理されることで、誰がどの顧客にどのようなアクションを行っているかを可視化できます。そのため、上司は各営業マンが抱える案件の進捗を的確に把握することができ、必要なタイミングでフォローが行えるのもSFA導入のメリットでしょう。SFAはオンプレミス型とクラウド型の2種類があり、機能や拡張性によって費用が異なります。クラウド型であれば月額料のみで1ユーザあたり数百円から3000円くらいの価格が多いです。自社にサーバーを設置するオンプレミス型であれば数十万〜数百万を見込んでおくといいでしょう。SFAは導入してからのビジョンを明確に持つことが大切です。どのような情報をSFAで共有したいのか、減らしたい営業活動コストはどの部分なのか、具体的な営業活動改善の目標を持ち、定期的に使用状況の見直しを行うことが導入成功に繋がるでしょう。